FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

実録 新選組

ついに見たお!
『実録 新撰組』
2006年発売のオリジナルビデオ。前編・後編の2部構成

噂には聞いていたけど、しょっぱなからナレーターが徳川家茂(いえもち)を『いえしげ』とゆうていて、たいそうテンションが下がり、『何なん、その愛のなさ!何でこれ、作ってん』って思っちゃうのですが、そんなテンションで見てたら、なかなか引き込まれます。。
脚本家、ええ仕事すんな~。
内部粛清にスポットライトがあてられてる所が本当にイイヨネ。
あんな切ない話、ないからね。

ほんまに、新選組の何にあんなに惹かれるかって、何の脚色もしなくても、スピーディーでドラマチック過ぎるところですよね。
よくもあの時代に、よくも彼らが…!
本当に、動乱の幕末でさえなければ。あいつとさえ出会ってなければ。
あー、もうもどかしい!みたいなことだらけ。
でもそれがまぎれもない実話っていう。もう…考えてるとほんまに震える!!

まぁ私の新選組愛は置いときます。

『実録』主なキャストは
近藤勇  小沢仁志
土方歳三 寺島進
沖田総司 大沢幹生
芹沢鴨  白竜
山南敬助 中野英雄
永倉新八 金山一彦
藤堂平助 小沢和義
   ***
坂本龍馬 哀川翔


という、なかなか個性派、そして面白いメンツです。

寺島進の土方はよかった。マジ鬼の副長…笑ってるシーンなかったんちゃうかな?
そしてやっぱり近藤LOVEなんだよね~。
ゆえに山南さんと対立しちゃう哀しさ。
しかも、寺島土方は山南さんをガチで脱走に追いやるという、憎たらしさ。笑
近藤に『お前は山南さんを俺から奪った!』と叱られ、『いつから、お前と山南さんの思いが食い違った?』と問われ『俺たちと、山南さんだよ。近藤さん』と飄々と言っちゃう彼。
歳三の、ばぁかー!!ってなるのですが、やっぱり、どの作品でも最終、土方と山南さんの友情には感動させられてしまう。嫌いになり切らせてくれないのよねぇ。。
この作品でも、土方が、切腹前の山南さんにひざまずくシーンが泣けます。
実際のところ、ほんまにどうやったんでしょうね、あの2人。チョー気になる。日本の歴史の中でも指折りに気になる事柄である。。
本当に、よく描かれているように、実は尊敬し合っていた熱い2人であって欲しいなぁ。
なんか土方の書物からそんなよーなことが読み取れるらしいけども。ちょっと山南さんの件については土方を信じきれない私もいます。笑
しかし、中野英雄もなかなか良かった。
堺雅人の前にも、こんなに良い山南さんやってる人がいたなんて。笑 すっかり山南人気は雅人の手柄になっているけど、彼ももっと褒められてもいいよな~。と思いました。笑
あの丸い目の温厚な表情…。明里じゃなくても惚れるわ。
堺雅人命の私がゆうのもなんですがね★笑

そして、大沢幹生の総司…色っぽかった。さすが光GENJI。ミッキー!笑
よいよい。
そして、そんなミッキー総司と平助の友情(これも私が新選組好きな大きな要素です)。。
今回の2人はとても同世代には見えなかったけど(笑)、思い悩む平助に、そんな彼を最後まで気にかける総司。
ええ、わ~。
お前ら、ええ。
ちなみにこの2人の感動ポイントは
『これからは学問だ。お前の時代だ、平助』
いつも剣が弱いと平助をからかっていた総司のセリフね。そして嬉しそうにする平助。
なのに、そのすぐ後に新選組に斬られる平助…。
新選組は逃がそうとするのですが、逃げない平助。このへんがまた山南さんを思い出させたりもし、いと切ない。
北辰一刀流は良い人材を輩出するよね~。

その他にも、『近ちゃん』『芹さん』と呼び合う勇と鴨の友情は素敵やったし、坂本龍馬(終始標準語やったけど、なんか哀川翔らしくて良かった。笑)と中岡慎太郎は近江屋でエロ話(まさかの)をしていたら暗殺されちゃったり、何より、バカで単純やけど優しく熱い、理想の近藤勇像。
けっこう、面白いんです、『実録 新撰組』。

まぁ、新選組は年表で追うだけでもだいぶドラマやからねぇ…。それを題材にしょうもない話を作る方が難しいのかもしれんけど。
でも、ちゃんと人物1人1人が丁寧に描かれていて嬉しかった。しかも、私のバイブルである三谷大河の『新選組!』と、結構、隊士の心情が同じ感じやったのね。
私の理想新選組(結局そこ)なんだよな~。

まぁでも今回本当に思ったけど、彼らをちゃんと描く為には最低4時間はいるよね。うん。よくぞ2部構成にしてくれた!


やっぱり新選組の歴史は、史上最高のヒューマンドラマですねぇ。。しみじみ
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 幕末・新選組 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

マツモティ

Author:マツモティ
映画『アフタースクール』を観て、堺雅人に射抜かれました。彼がいるから、今生きているかもしれないです。
本読むの好きです。
好きな作家は山崎ナオコーラ、西加奈子、長嶋有、リリー・フランキー、さくらももこ。
高校野球も好きです。
好きな監督は、高嶋仁、馬渕史郎、永田裕冶。


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カテゴリ

堺雅人(映画) (1)
堺雅人(舞台) (3)
堺雅人(ドラマ) (0)
堺雅人(その他) (7)
映画 (3)
野球 (6)
テレビ (1)
幕末・新選組 (4)
スポーツその他 (1)
お笑い (3)
未分類 (5)


FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


★Favorite★

テニスの王子様完全版 応援バナー


QRコード

QRコード


Copyright © 本とか映画とか野球とか。 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。